小児歯科

当院は「小児歯科専門医」がいます

当院は「小児歯科専門医」がいますお子さまのかかりつけ医を探すとき、「小児歯科」を掲げている近くの歯医者さんを選ぶ方が多いのではないでしょうか。実は、小児歯科を掲げているからといって、必ずしも小児歯科に対する知見や経験が豊富だとは限らないのです。

歯医者さんであれば、誰でも小児歯科を掲げられるため、見た目のイメージだけで選ぶとトラブルになる恐れがあります。全国の小児歯科学会の会員のうち、厚生労働省の認可を受けている小児歯科専門医は一部です。

当院の院長・副院長は、小児歯科専門医ですので、小児歯科における十分な知識と経験がございます。

まず初めに

まず初めにお子さまは、これから何をされるかわからないことに恐怖を抱く傾向があります。これは大人も同様ですが、子供には顕著にみられます。この恐怖を乗り越えて治療を受けて、むし歯や歯周病を治していただき、「治療を受けてよかった」と思ってもらえればと考えております。

そのためには、歯科医院側がお子さまとの信頼関係を築き、安全に治療を進める必要があります。より良い歯科治療の実現のために、以下をお守りください。

  • 親御さまが歯科治療に対する理解と好意をお持ちいただくことが大切です。
  • 歯の治療を受ける理由が健康になるためだと教えてあげてください。
  • 歯医者は怖い人がいるところではなく、痛いことをする場所でもなく、お口の健康になるお手伝いをしてくれる場所だと話してあげてください。
  • 歯科医院での恐怖体験のようなネガティブなイメージがつくような話はしないでください。
  • しつけと称して歯医者や注射などの言葉は使わないでください。
  • 嘘をついて連れてくるのではなく、「むし歯をやっつけよう、むし歯を治そう」と伝えてください。
  • お子さまからの質問には、「先生に聞いてみよう」「先生に相談してみよう」と答えてください。

当院では初診から治療を行うことはありません。まずは治療のトレーニングで歯科治療の器具や歯科医院そのものに慣れていただきます。口腔内で水や音を出すことに慣れてもらって、「これなら治療を受けられる」とお子さまが自信を持てるようになってから治療を始めます。

むし歯にしないために

むし歯は、悪化するほど治療に時間がかかり、費用も高くなります。また、むし歯の再発リスクも高まるため、子どもの頃からしっかりと予防することが大切です。予防の意識を持ち、定期的に歯科医院で健診を受けることで、結果的にむし歯の早期発見・早期治療を実現できます。

当院では、外出できる年齢になったら早い段階で診療を受けていただくことをおすすめしております。乳歯が生えていない段階から粘膜の治療やケアを行うほか、歯が生える時期や歯磨きの方法をお伝えいたします。お子さまの歯を守ることに少しでも不安がある方はいつでもご相談ください。

当院の小児歯科メニュー

定期健診

定期健診定期的にご来院いただき、むし歯の有無や歯の生え変わり、歯並びなどをチェックします。これにより、異常があれば早期に対処できるようになります。

フッ素塗布

フッ素塗布乳歯や生えたての歯はむし歯になりやすいため、定期的にフッ素塗布を受けていただくことをおすすめします。むし歯に強い歯になるため、お子さまの歯を守るのに役立ちます。フッ素は自然界に存在する元素で、野菜や海産物などにも含まれています。

歯科医院では、安全な濃度のフッ素を使用しますので、身体に害が及ぶ心配はございません。

シーラント

シーラントシーラントは、生えたばかりの奥歯の溝にレジンを流し込む処置です。生えたばかりの奥歯は溝が深いうえに歯質が弱いため、むし歯になりやすいという問題があります。そこで、シーラントで奥歯の溝を埋めてしまうことで、そこに糖が入り込んでむし歯になるリスクを抑えられます。

なお、シーラントは欠けたり外れたりする場合があるため、定期的なチェックが必要です。

歯みがき指導

毎日、丁寧に歯磨きをしていても、むし歯になる場合があります。これは、お口の中をすみずみまで磨けていないためです。磨き方にクセがあると、毎回同じところが磨けなくて、歯垢が蓄積してしまいます。

そこで当院では、お子さまや親御さまが効果的に歯磨きができるようにわかりやすくアドバイスしております。歯磨きの質が高まることで、むし歯や歯周病を予防できる確率が格段に上がります。

食事指導

むし歯のリスクを抑えるには、おやつの食べ方に注意が必要です。だらだら食べ、甘いものばかり食べるといった食生活では、むし歯のリスクが上がります。普段の食生活をお伺いして、問題点を把握したうえで適切にアドバイスいたします。

小児歯科Q&A

乳歯が残っている状態で永久歯が生えてきたのですが大丈夫なのでしょうか

下の歯の永久歯は舌側から生えてきて、上の歯の永久歯は唇から生えてきます。まずは、レントゲンで乳歯の根を確認して、問題があるかどうかを調べます。乳歯の根の状態次第では、抜歯が必要です。

子供の歯茎の一部が黒いのはなぜですか?

乳歯から永久歯に生え変わる時期には、歯茎の一部が黒くなる場合があります。永久歯が正常に生えれば、自然に治ります。

子供が歯医者を嫌がります。どうすればいいでしょうか?

当院では、お子さまが歯医者さんを好きになっていただけるように、プレイスペースや治療を頑張った子にプレゼント、やさしい対応などを心がけております。まずは、お気軽にご相談ください。

乳歯は生え変わるから虫歯の治療はしなくても大丈夫?

乳歯のむし歯を放置すると、永久歯の発育に悪影響が及ぶ恐れがありますので、早期発見・早期治療がとても大切です。むし歯は放置せず、できるだけ早くご相談ください。

託児所は無料で利用できますか?

子育て経験者のスタッフが無料でお預かりしておりますので、お気軽にお申し出ください。

一番上に戻る
042-460-4182042-460-4182 24時間WEB予約24時間WEB予約